Web年賀状キット FAQページ

Web年賀状キットのご利用にあたって、よくあるご質問をまとめました。

印刷について

Q用紙サイズがうまく合わない(はがきサイズにならない)
Web年賀状キットでは、ブラウザの機能を使った印刷ではなく、Adobe Acrobat Readerからの印刷を推奨しています。
編集画面の「印刷」ボタンから別ウィンドウでPDFを表示した後、PDFファイルを保存し、Adobe Acrobat ReaderでPDFファイルを開いて印刷をお試しください。
PDFファイルの保存方法は、ブラウザにより異なります。

【Google Chromeの場合】

【Internet Explorer11の場合】

Q印刷するとずれる、位置が合わない
印刷前に、編集画面から「印字位置調整」をお試しください。
「印字位置調整」機能では、上下左右0.1mm単位・最大30mmの間で調整が可能です。
詳しくは 「印字位置調整」のヘルプ をご覧ください。
Qふちなし印刷をしたい
まずはお使いのプリンターをご確認ください。
プリンターが「はがきサイズ ふちなし印刷」に対応している場合は、プリンターの説明書を読んで、ふちなし印刷設定をして印刷してください。
お使いのプリンターが「はがきサイズ ふちなし印刷」に対応していない場合は、ふちなし印刷はできません。
(「ふちなし印刷」の名称はプリンターメーカーによって異なる場合があります)
Q外字が印刷されない
印刷時(PDF化時)、一部外字が反映されない場合があります。
大変申し訳ありませんが、その場合は代替文字にてご利用をお願いいたします。

保存について

Q「使用中のパソコン」に保存したファイルが再編集できない
「使用中のパソコン」に保存した「.bcsn」または「.bcsa」形式のファイルは、直接編集ができないようになっています。
Web年賀状キット TOPページの「保存データの再利用/再編集」ボタンから編集画面を開き、再編集を行ってください。
詳しくは、「保存した編集デザインを開く」のヘルプをご覧ください。
Q「使用中のパソコン」に保存したファイルの場所がわからない
基本的にはブラウザのデフォルトのダウンロード先に保存されます。

Windows10/Windows8.1の例
PC→Windows(C:)→ユーザー→<ユーザー名>→ダウンロード
詳しくは、「保存した編集デザインを開く」のヘルプをご覧ください。

上記ダウンロード先にない場合、保存時に保存場所を変更した可能性があります。
再度保存をお試しいただき、保存先をご確認ください。

Q「ファイル保存は15MBまでとなっています。」と表示されて保存ができない
保存するファイルの容量は15MBまでとなっております。
主に複数の写真フレームのテンプレートをご利用の場合、挿入する写真の大きさ(ファイルサイズ)・数によっては15MBを超える場合があります。
挿入する写真のファイルサイズを見直す、挿入する枚数を減らすなどして、再度お試しください。

テンプレートについて

Qテンプレート内のあいさつ文の文面を変えたい
基本的には、テンプレート内に入っているあいさつ文の文面は変更できません。
「 あいさつ文変更年賀状」カテゴリ内のデザインをご利用いただくか、その他カテゴリ内でも一部デザインにあいさつ文が含まれていないものがありますので、そちらをご利用ください。
Q「あいさつ文変更年賀状」とは何ですか?
通常のテンプレートと異なり、あいさつ文の文面が変更できるテンプレートとなっています。
その他、デザインによっては「賀詞」や「年号」のパーツの位置の変更・削除が行えます。(すべての「あいさつ文変更年賀状」でできるわけではありません)
Q「自由レイアウト年賀状」とは何ですか?
デザインがなく、白紙の状態のテンプレートになります。編集画面左側にある「文章」「画像挿入」「スタンプ」ボタン等から、自由に年賀状デザインの編集が行えます。
各種ツールの使い方については、「Web年賀状キット 使い方ヘルプ」をご覧ください。

編集画面について

Q縦書きにすると住所の数字が横向きになる
縦書きの場合、半角の英数字は横向きとなる仕様になっております。
漢数字、または全角英数字を入力してご利用ください。
Q文字の入力方法がわからない
  • 文字を入力したいテキストのスペースをクリックして、青い枠がついた選択状態にします。
  • 編集画面右側に「テキスト入力」のプロパティが表示されます。プロパティ内のテキストボックスに文字を入力し、「反映」ボタンをクリックするかテキストボックスからカーソルをはずしてください。
  • 選択したテキストのスペースに、入力した内容が反映されます。
Qフォント/フォントサイズ/文字色/文字間/行間などの変更がしたい
  • 文字を入力したいテキストのスペースをクリックして、青い枠がついた選択状態にします。
  • 編集画面右側に「テキスト入力」のプロパティが表示されます。プロパティ内から各種変更を行ってください。
  • 選択したテキストのスペースに、変更した内容が反映されます。

宛名印刷について

Q住所録を読み込みたい
CSV形式のファイルを住所録として読み込むことができます。(CSVファイル以外は読み込みできません)
なお、縦書きの住所欄を使う場合、数字は漢数字または全角数字としてください。

住所録の読み込み手順について、詳しくは「宛名印刷の流れ」ヘルプをご覧ください。

Q住所録読み込み後にフォントやレイアウトを一括で変更したい
住所録読み込み後の一括変更はできません。
住所録を読み込む前にフォントの変更・各スペースの位置を調整してください。
住所録(CSVファイル)を読み込む時点のフォント・レイアウトで全ページ作成されます。

やむを得ず、読み込み後にフォントやレイアウトの変更が必要になった場合は、ページごとに変更する必要があります。

Q住所録読み込みをする時、連名スペースのあるページとないページを作りたい
住所録読み込みでは、読み込み時のレイアウトですべてのページが作成されます。
従って、1回の住所録読み込みで、連名スペースのあるページとないページを一括で作成することはできません。
以下の方法で対応をお願いいたします。

・連名スペースのない状態で住所録の読み込みを行い、必要なページのみ「連名追加機能」を使って連名を追加する
・連名の数ごとに住所録を分けて、それぞれのレイアウトで複数回住所録読み込みを行う

※住所録読み込みをせず、手入力で宛名面を作成する場合は、必要なページに「連名追加機能」を使って連名スペースを追加すれば問題ありません。

Q昨年作成した年賀状用の宛名編集ファイルを利用して、喪中・寒中用の宛名面を作成したい
すでに作成済みの宛名面の編集データから、年賀状用⇒喪中・寒中用に変更(もしくは喪中/寒中用⇒年賀状用に変更)できます。
  • Web年賀状キット TOPページの「保存データの再利用/再編集(宛名面)」ボタンから編集画面を開き、昨年の宛名面の編集データを開きます。
  • 編集画面左上の[メニュー]ボタン内、[宛名面変更]ボタンをクリックします。
  • 画面の案内に従って、宛名面のテンプレートの変更を行ってください。
※詳しくは使い方ヘルプの「宛名面テンプレートの変更」をご覧ください。

※テンプレート変更前のスペースの配置状況によっては、レイアウトの再調整が必要な場合があります。印刷前に必ず全ページのレイアウトを確認してください。

Q住所録を追加で読み込みたい
一度住所録を読み込んだ後、またはページを追加して複数ページになった後は、追加で住所録(CSVファイル)を読み込むことはできません。
追加する住所を含めて住所録(CSVファイル)を作成し、再度Web年賀状キット TOPページの「新規作成(宛名面)」から全ページ住所録を読み込むか、
「ページ追加機能」を使って必要なページを作成してください。